このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
PassMe!オモシロ探検隊

2016年05月19日(木)更新

日本一PassMe濃度の高い!!秋田県湯沢市を徹底的に味わってみた!|PassMe!オモシロ探検隊がいく

そして急に始まる副市長へのインタビュー!だけではおわらないっっ!!

BAR Pocket
1セット 2,900円 → 2,400円 など
  • 19時30分~2時
  • 日曜
  • 0183730200
  • 〒0120827 秋田県湯沢市表町2-1-21
地図

「着きましたよ!ココです!」

「素敵なお店!昼間通りがかったときはわからなかったです~」

「僕もビックリしたんだけどね、湯沢には200くらいの飲み屋さんが     あるんだって。」

「そんなに!!まだ行ってないお店たくさんありそう」

「こんばんはー!PassMe!オモシロ探検隊です」

「いらっしゃいませ」

おおお!!!?都内にありそな素敵なバーが、湯沢に!?

やわらかく、あたたかな照明が出迎えてくれるお店。
都内でもなかなか飲むことのできない創作カクテルが飲める店としても、有名なんだとか。

「よく来られるんですか?こちらのお店」

「たまにね。忙しくてなかなか来られないんだ」

「副市長ですもんね。汗」

「おしぼりで、顔ふいていい?」

「どうぞwww」

(おっさんかい!)

副市長オススメは『キンカンのジントニック

かけりんとようこちゃんもカクテルをつくってもらい…

藤井延之副市長といきなりインタビュースタートです!

『地方創生』という使命を担い、秋田県湯沢市へ

「神奈川県に生まれ、親の都合で山形、神戸、茨城へ。

幼い頃から様々な土地に触れて来たおかげで、

東大を出て総務省入省後、さまざまな土地へ行くのもむしろ興味を持って
赴任することができました。
縁あって湯沢市の副市長となったわけですが、これまで赴任してきた
地方はひとつひとつ忘れられないものとなっています。」

「不勉強ながら、「総務省から出向」というルートで、
副市長というポジションにおさまることが出来る、ということを
知りませんでした。」

「そうですよね。意外と知られていないのですが、
県の副知事になったりすることもあるんですよ。
地方それぞれの施策にリアルに関わることができて面白さも感じられる反面、
責任ある仕事ととらえています。」

「なんでも日本だけでなく、アメリカにも留学されたことがあるとか?」

「そうなんです。ニューヨークのロースクールに通いましてね。
そのあと登別に。」

「おお、まさしくワールドワイド!」

「ニューヨークから入浴(にゅうよく)のできる登別温泉に…っていう。どう?コレ?」

「すみません、それはちょっとなに言ってるかわかりません(オヤジかこいつ)」

湯沢市に赴任後、感じた「市民」のあたたかさ

「赴任して1年。これぞ湯沢市民性だ!と感じた事はありますか?」

「そうですね、一言で言うと『よそ者を好奇心旺盛いっぱいに迎えてくれる』ということでしょうか」

「よそ者、というのは一見するとマイナスにとらえがちな言葉ですが、ここではそうではないんですね」

「そうなんです。おかげさまで、様々な方からかわいがってもらっています。」

「それは副市長のお人柄によるところもあると思うのですが、特に動画投稿サイトで流れている噂の『あばよ総務省』、 これも市民のあたたかさによるもの…ということでいいのでしょうか?」

「笑もともとこの曲はストリート村というところで、若い人たちがそのPR動画をつくろうとしていたんです。
それで赴任してきた当時33歳の若い僕に声がかかったと。そういう経緯があるんです」

「声がかかった、とはいえ、ほぼ二つ返事でこのラップを引きうけた、その背景にはどんな想いがあったのですか?」

「『おもしろうそうじゃん、やってみようか』これに尽きます。また、ひとつのまちおこしのきっかけになればと
も思いました。」

「それにしてもすごいネーミングです。『あばよ総務省』。こちらの歌詞については、どう思われているのでしょう?」

「それについてはノーコメントでw」

副市長はショートカットがお好き

「そういえば、副市長はどんな女のひとが好きなんですか?」

「どういう話のつながりかわかりませんがw 1、ショートヘアで2、小柄で3、ちょっと清純な子が好きですね。」

「ちょ、それってわた…」

「いや、そうではありません(きっぱり)。それから僕はボブが好きですね。以前、好みの感じの女性と会合かなんかでお会いしてね、
写真撮ってもらったんです。(写真を見せながら)ホラ!ホラ!」

これからの湯沢市について望むこと

「ようこちゃんが、地域おこし協力隊として湯沢市に入ったことは、副市長の知るところでもあると思うのですが、
今後、こういったいわゆる『よそ者』と、湯沢市民とが今後かかわっていくことについて、どう考えていらっしゃいますか?」

「湯沢市以外の市民、町民とこの先もっと関わりを持ってほしいと純粋に思っています。湯沢市以外、つまり『外』の世界を知っている人たちが新たな風を湯沢に送りこんでくれることは、湯沢市民にとってもとても刺激になることだと考えています。
ひいてはそこから、新たな地域同士のつながりができたり、また湯沢市を俯瞰的に見ることにもつながるからです」

「そういう意味で、地域おこし協力隊のみなさんの存在は大きいのですね」

「そうですね、期待しています!」

「…では、ちょっとシツレイ」

〜皆様しばしご歓談ください〜

「帰って来ないねぇ、ふくしちょー」

「いや、きっとこれは…」

「おまたせしました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それでは聞いてください。」

『あばよ総務省』



全員「ZZZZZZ…」

13店舗制覇めでたく達成!!! 無茶ぶりを受け入れてくれた湯沢市のみなさん☆副市長&市役所のみなさん☆ありがとうございました!

フトコロのひろーい、熱い町

湯沢市へ

いらっしゃーーい!

※最後は【ほおづき】で打ち上げでした。

今回制覇した13店舗を全て周れるチケット、発売決定!
皆さんもぜひチャレンジしてみてください!!
こちら

人気の記事

他の記者を読む