このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
PassMe!オモシロ探検隊

2017年08月09日(水)更新

安全に思いっきり遊べるスポットをお探しですか?お子さんの夏休みが超アツくなるレジャー施設はここだ!!|PassMe!オモシロ探検隊がいく

気分はターザン?忍者?森林一体型アドベンチャーが楽しすぎ!!

 

コータ「ねえ、ウエチン…本当に撮るの?」

 

ウエチン「まあ、仕事ですから……」

 

コータ「ねえ、PassMe!は一体、何を考えているの…?」

 

ウエチン「さ、さあ…(おっ、運営批判仲間!)」

 

コータ「この状態で写真撮れとか、おかしくない!?」

というわけで、レマンプールの次にやってきましたは、同じ「リソル生命の森」の敷地内にあるアスレチック施設、ターザニア!!

 

コータ 「何でウエチンだけそんなに準備が良いの?自前の軍手を自分の分だけ持ってくるとかずるくない?」

 

ウエチン「いやいや、これ、ターザニアで遊べるスポーツ、『フォレストアドベンチャー』に臨むなら常識の服装ですよ?フォレストアドベンチャーとは、樹上数メートルに上がって木から木へとアスレチック遊具を使いながら渡り歩き、最終的には『あーああー!』とターザンのように長いジップスライドで降りてくるフランス発のスポーツ施設!そこにアナタ、そんな軽装で来るなんて!」

 

コータ「なんなのその、長い説明セリフは!」

 

ウエチン「だって、私、フォレストアドベンチャー好きすぎて今まで4~5回やってて、ターザニアに来るのも2回目なんだもん!」

 

コータ「なんで子供もいないのにアスレチックにそんなに来るんだよ!」

 

江尻さん「ま、まあまあ落ち着いて!説明は完璧です!でも、服装的にはスカートやサンダルが禁止ですが、軍手も施設内でお求めいただけるので、お気軽に来てくださいね!」

 

喧嘩を平定してくださったのは、ターザニアをご案内下さいます江尻さん。

 

江尻さん「おっしゃる通り、ターザニアは専用のハーネスを付けて樹から樹へと空中を移動していくアトラクション施設です。ここでは66のアクティビティを楽しんで頂けるんですよ!」

 

ウエチン「66も!前にも来たことあるんですが、そんなにありましたっけ?」

 

江尻さん「実は、ターザニアはつい先日10周年を迎えまして、アクティビティも増えたんです」

 

ウエチン「おお、どうりて見たことないアクティビティも!楽しみです~!」

 

というわけで、さっそく森林に挑むことに!ここターザニアでも、もちろんPassMe!を使ってお得に遊ぶことができちゃいます!

ターザニア
18歳以上 3,800円 → 3,700円
  • 9:00〜日没 (夏季は8:30~)
  • 原則木曜 ※季節によって異なります。
  • 0475350071
  • 〒2970202 千葉県長生郡長柄町味庄東台1067
地図

 

まずは、ハーネスを着用。スタッフさんがしっかり付けてくれるので安心です。

 

そして、江尻さんによるブリーフィング。難易度も高さも低いアスレチックで、器具の使い方を習います。

 

コータ「難しいと思いきや、実際に身体を動かしてみるとすぐに覚えられる!」

 

江尻さん「ルールはとっても単純で簡単なので、特にお子さんは飲み込み早くてどんどん進んでいけちゃいますよ!」

 

コータ「これは男の子にはたまらない遊びかも!」

一通りのブリーフィングを受けたところで、いよいよ本格的なコースへ出ます!ここ、ターザニアには、長めのアドベンチャーコース、軽めのキャノピーコース、そしてロングジップスライドの3つのコースがあるのですが、まずはもちろん、アドベンチャーコースにトライ!

 

コータ「ちょっと待って。ここ?ここ登るの?」

 

ウエチン「そうですよ?」

コータ「いやいや、一眼レフ持って、ここ登るの?」

 

ウエチン「大丈夫!『考えるな、感じろ』」

 

コータ「いや、ちゃんと考えようよ!ひー!カメラがぁ!!」

 

今回は取材ということで特別にカメラを持って上がりましたが、基本的には両手を開けた状態で遊びます。安全第一!コータさんが命からがら登った樹上から眺める景色はこんな感じ!

 

このように、樹と樹の間に縦横無尽に組まれたアスレチック施設はどれもスリル満点!その足元を見ると、結構な高さに登ってきているのが分かります。

でも、先程ブリーフィングを受けた器具を使えば、常に安全なワイヤーと身体が繋がっていますので、たとえ両手両足が外れてしまっても大丈夫!お子さんでも安心して進むことができます。

 

そして、降りる時はこれ!

 

コータ「あれ?ウエチン、何度も来てるって言ってたよね…?めっちゃ尻が地面にめりこんでるじゃん!下手じゃね?」

 

ウエチン「す、好きと得意は別なの!」

 

こんな感じで、ジップスライドは尻から降りてしまうかもしれませんが、ウッドチップが敷き詰められているので痛みはまるで無し。もちろん、足からキレイに着地した時も、柔らかい地面なので安心安全のようです、尻からしか降りたことが無いのであくまで推定ですけども!!

 

そんなこんなで約2時間、アドベンチャーコースをやりきりました~!!

 全コース、尻から降り立った私はドロドロ…

 

江尻さん「大丈夫!この『リソル生命の森』内にはお風呂もありますので、汗や泥をバッチリ落としてお帰り頂けますよ!」

 

ウエチン「それは本当にありがたい情報!」

 

江尻さん「でもその前に!ちょっと離れた所に、凄いジップスライドがありますので、そちらを体験してからお風呂に入って下さい」

 

ウエチン「さらに凄いんですか!?スゴすぎるターザニア…!」

 

 

なんと400メートル超え!山を下る気分のジップスライドが登場!!

 

人気の記事

他の記者を読む