このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
PassMe!オモシロ探検隊

2016年07月06日(水)更新

爬虫類・両生類メインの動物園伊豆「iZoo」でヘビさんと戯れ、至極のワニラーメンを味わう|PassMe!オモシロ探検隊がいく

ミーナ

平成生まれ、シンガポール出身のハーフ。九州大学を卒業後、不動産、出版社を経て、ライターに。

少しでもお金が貯まると、すぐに航空券を買って失踪するほどの旅好き。現在は上京して以来止まらない体重増加に、強い危機感を覚えている。

おかげさまで第6回を迎えたPassMe!オモシロ探検隊。満を持して今回から新メンバーが登場です!南国女子のライター・ミーナと、カエルとトカゲを飼育する爬虫類ラバーカメラマン・みやもん!活躍にご期待あれ〜!

こんにちは!生まれも育ちもシンガポールの南国女子。実はハーフのライター、ミーナです!

 

今日は静岡県の伊豆にある動物園「体感型動物園iZoo(イズー)」にやってきました!

ここ、iZoo日本で初めての爬虫類や両生類専門の動物園(!)。しかも他の動物園よりも、圧倒的にふれあいできるチャンスが多いのが特徴なんだとか。

 

ミーナ「うう、嫌だなあ。りょ、爬虫類ってヘビとかだよね……私、このあとに触るんだよね……」(きっと同行カメラマンのみやもんさんなら、この気持ちをわかってくれるはず……

 

みやもん「うん、そうだね。僕は爬虫類とか自分で飼ってるし、大好きだからすごく楽しみだな~。どんな可愛いやつに会えるんだろうね~」

 

ミーナ「!? そ、そうですね……」(やばい奴と来ちまったな……

 

ということで早速、PassMe!のスタンプをもらってお得に入園!

 

 

体感型動物園iZoo
大人(中学生以上) 1,500円 → 1,300円
  • 9時00分~17時00分(最終入園16時30分)
  • 年中無休
  • 0558340003
  • 〒4130513 静岡県賀茂郡河津町浜406-2
地図

今回はこちらでスタンプを押してくれた、スタッフの内田さんにご案内してもらいます。よろしくお願いします!

 

 

内田さん「こちらこそ、よろしくお願いします。しかしミーナさんの靴、その柄って……

 

 

ミーナ「はい、ヘビ柄です!今日はヘビに負けたくないと思って、このために買った新しいヘビ柄の靴で挑みます!(マジです)」

 

内田さん「そ、そうなんですね!」(この子、何と戦っているんだろう……

爬虫類の天国に入園してみた!

 まずは入園した瞬間、「アルビノグリーンイグアナ」がお出迎え。グリーンイグアナとはいえ、突然変異で生まれたアルビノという白い種類で大変珍しいのだそう。

 

ミーナ「イグアナこれがイグアナ……目がギョロっとしてる

 

みやもん「そりゃそうだ。カワイイなー、やっぱり」

 

ミーナ「そうか、これはカワイイものなのか……私の判断基準のほうがおかしいのかな……」(混乱)

 

お次は「ヌママムシ」という名前のヘビが登場。

 

ミーナ「うおおおお、大きい……

 

 

内田さん「口の中が白いのが特徴です。だから英名では綿の色からとって「コットンマウス」と呼ばれているそうですよ」

 

ミーナ「本当だ、白い!あれ、その名前で呼んだらなんだかちょっとかわいく思えてきた……コットンマウス……

 

みやもん「オイ!爬虫類は本来カワイイもんなんだよ!」

 

内田さん「では、ウーパールーパーに触れるコーナーがあるんでちょっと体験してみましょう!」

 

ミーナ「げ!いよいよ!」

 

いろんな動物に触れ合ってみよう!

 

まずは、みやもんが挑戦。たくさんのウーパルーパーがお出迎えしてくれます。

 

 

みやもん「わ~、ぷにぷにしてて気持ちいい~。最高だね~」

 

ミーナ「みやもんさん、マジで言ってます?マジで言ってます?」

 

みやもん「ミーナも触ってみなよ、ほら、ほら」

 

 

ミーナ「やだ……ぶにぶにしてるしかも動いてるようう、うう」

 

みやもん「そりゃ動物だから動くっしょ。これはかわいいですよね~」

 

内田さん「ね~~」

 

ミーナ……ね~~」(あれ、でもなんかちょっとカワイイかも?)

 

触り終えて歩いていると、なんと通路に大きな亀の甲羅が。

 

ミーナ「大きすぎる!あれはオブジェですか?」

 

内田さん「いえいえ、生きていますよ!(笑)館内をこうやって亀が歩いて回っているんです。」

 

ミーナ「え~!すごい!でも亀なら怖くない!」

 

 

ミーナ「いろいろな動物を触っていると、だんだん感覚が麻痺してくるな……なんか、今ならもっと触れる気がするぞ」

 

内田さん「じゃあ、ワニはどうです?」

 

ミーナ「ワニ!むしろ、ワニに触れるんですか!」

 

 

さ、触れた~~!赤ちゃんワニとはいえ、大きくなると2メートルを超すんだそう。念のため、口は開かないように縛ってあるので安心。

 

内田さん「じゃ、この勢いでヘビもいっちゃいましょう」

 

ミーナ「は、はい!」(打倒!ヘビ!と思ってこの靴も履いてきたし、大丈夫だよね、きっと)

 

スタッフ「はい、こちらです。どうぞ」(ポンっと手渡す)

 

 

ぎゃああああああ!

胸を!胸を登ってくる~~~~~~!!!!

 

スタッフ「ヘビはカラダが安定する場所を求めて常に動くので、人間が持つときは動き回る腕よりも安定している胸元などに寄ってくるんですよね~」

 

みやもん「なるほどね~」

 

ミーナ「なるほどじゃないよ!誰か助けてよ!」

 

内田さん「じゃ、次はもっと大きいのいっちゃいましょう!」

 

ミーナ「え!」(だから誰かこのヘビ取ってよ!)

 

なんとかヘビをバトンタッチし、ぜぇぜぇ言いながらやってきたのは、ヘビとの撮影コーナー。今日は「ビルマニシキヘビ」という種類とふれあえるとのこと。

 

スタッフ「今日触ってもらうのは、2メートルちょっとで20キロのヘビです。じゃ、肩にかけますね!」

 

さて、ミーナの運命やいかに……

 

大蛇にふれあって、衝撃のアレの山を鑑賞。最後はワニの肉まで食らう!?

人気の記事

他の記者を読む