このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
PassMe!オモシロ探検隊

2016年07月15日(金)更新

天城山録の本ワサビで味わう新鮮な魚介類!伊豆「にぎり寿司体験あかざわ」で秘伝の技術を覚えておうちでレッツ寿司パーティ!|PassMe!オモシロ探検隊がいく

 

 

 

ということで、完成~~~~!

 

 お、多少カタチにばらつきはあるものの、それなりになってる!(気がする!)

 

 なんだか右のほうにとんでもない大きさの寿司がある気がしますが、ご愛嬌。カニの味噌汁と小鉢もついてきます!

 

握ったお寿司を食べてみよう!

それではいざ、実食!カメラマンのみやもんさんに食べていただきましょう!まずは名人がお手本に握ってくれた一貫をパクリ。

 

みやもん「うん、美味い!魚介類にこだわっているのはもちろん、石川県能登産のお米に、伊豆天城の本ワサビも美味しさがきいてるね。握りも上手だし、素材も最高。絶品!」

 

ミーナ「では、腕はアレかもだけど、素材は同じこちらをどうぞ!」

 

渾身のミーナの握り寿司。そのお味やいかに?

 

みやもん「持った瞬間の重さが違うこの握り、でかすぎる。まあいいや、いただきます!」

 

 

パクッ

 

 

みやもん「やっぱりでかすぎるわ!空気あんまり入ってないわ!なんじゃこりゃ!名人と比べるとさすがに違いすぎる」

 

ミーナ「同じ素材だし、上手にできたと思ったのに寿司職人への道は、まだまだ遠いのね」(遠い目)

 

 ということで、2人で完食!

なんだかんだ言いつつも、後半に握ったものになるにつれてだんだんと美味しい握り寿司になっていたので、家でもう少し練習すれば「それなりには」家族に振る舞えるようになるのかも?

 

名人・小川さんにもっと迫ってみた!

 

ミーナ「小川さん、今日はありがとうございました!お寿司を握って50年近くとのことですが、どんな経歴なんでしょうか?」

 

小川さん「中学を出て、東京のおじさんがやっていた寿司屋に入ってね。そこで修行して、伊豆に自分の店を出したんだよ。儲かってたんだけどね

 

ミーナ「けど?」

 

小川さんバブルが終わって、潰れちゃったのよ。はっはっは!

 

ミーナ「はっはっは!」(ここ、笑っていいのか!?)

 

小川さん「伊豆に来てもう40年になるけどね、生まれは横浜だから、心はハマっ子のつもりだよ!」

 

ミーナ「もう伊豆が長いんですね~。ちなみにこちらのにぎり寿司体験には、どんなひとが多くいらっしゃるんですか?」

 

小川さん「そうですね、カップルも多いですし、やはりご家族連れが多いです。特にお子さんは、作務衣も帽子もあるので、寿司職人気分で嬉しそうに握っていますよ。自分で握った寿司は、出てくるものよりもおいしく感じますしね」

 

ミーナ「なるほど。子どもは特に喜びそうですもんね!」

 

小川さん「うんうん、特に子どもにはサーモンが人気かな。今が旬なのはマグロなので、ぜひみなさん握りに来て、食べに来てくださいね!」

 

ミーナ「はい!ありがとうございました!」

 

寿司職人になったミーナ、ドヤ顔の巻

 

ミーナ「いや~、これで私ももう、寿司職人ね!」(ドヤッ)

 

 

みやもん50年も握ってきた名人を見た後で、よく言えるな

 

ミーナ「あとね、実はさっきの名人・小川さんへのインタビューでね、『好きな女性のタイプは?』って聞いたんですよ~」

 

みやもん「そしたら?」

 

ミーナ「私を見て、あなたみたいな人、ですって!」(ドヤッ)

 

みやもん「(ダメだこいつ、早くなんとかしないと)」

 

思わずドヤ顔になれちゃう、あかざわのにぎり寿司体験。誰でも必ず、名人のテクニックが教えてもらえるほかに、職人帽までお持ち帰りさせてもらえます(!)。これで週末、あなたも家族の前でお寿司職人に!パパかっこいい、と言わせちゃおう!
※なお、8月いっぱい休業のため、ご予約は7月中か9月以降でお願いします。一足早い夏休みに、急げ〜!!

 

にぎり寿司体験 あかざわ
にぎり寿司体験15貫 3,500円 → 3,150円
  • 10:00~14:00
    1日に3回開催(1回目10:00~、2回目12:00~、3回目14:00~) ※2名様以上での予約制
  • 正月前後、ゴールデンウィーク、8月
  • 0557543006
  • 〒4130232 静岡県伊東市八幡野1666-4 伊豆高原体験の里
地図

人気の記事

他の記者を読む