このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
PassMe!オモシロ探検隊

2016年08月05日(金)更新

ライオンやシカとありえない距離まで大接近!この夏は野生の王国「那須サファリパーク」でレッツふれあい体験!※シマウマのアレにご注意|PassMe!オモシロ探検隊がいく

ミーナ

平成生まれ、シンガポール出身のハーフ。九州大学を卒業後、不動産、出版社を経て、ライターに。

少しでもお金が貯まると、すぐに航空券を買って失踪するほどの旅好き。現在は上京して以来止まらない体重増加に、強い危機感を覚えている。

こんにちは、ミーナです!突然ですがワタクシ、こんなところに来ております。

どーん!

那須サファリパーク!

 右でライオンのマネをしているのは、同行カメラマンのみやもんです。 

栃木県の那須にあるこちらでは、ライオンやトラなどのたくさんの動物と「あまりにも近すぎる」距離で触れ合える、とのウワサ。

 

ミーナ……と言っても、言うほどじゃないでしょ!近すぎると、危ないし!」

 

みやもん「いやいや。ここは読者のためにもカラダを張って、ライオンにタッチくらいはしなくちゃね~」

 

ミーナ「なら、お前がやれ」

 

などと言いつつも、どこまで動物と近づけるか、とっても気になるところ。早速調査いたします!

 

ひとまず、PassMe!のチケットを使って通常よりもお得に入園! 大人だと300円も安くなりますよ!

 

 

那須サファリパーク
大人(中学生以上) 2,600円 → 2,300円
  • 8:00~17:00(最終入園は~16:30)
  • 年中無休
  • 0287780838
  • 〒3250303 栃木県那須郡那須町高久乙3523
地図

 

本日案内してくれるのは、スタッフの高根沢(たかねざわ)さん。

なんと10歳の頃、このサファリパークに来て初めてライオンを見たんだそう(!)。那須サファリパークの歴史を感じる~!

 

ミーナ「(うお、ヤギにめっちゃペロペロされてる!)本日はよろしくお願いします!」

 

高根沢さん「こちらこそ、よろしくお願いします。突然ですけどミーナさん、動物は好きですか?」

 

ミーナ「はい!動物園によく行きますし、動物は好きです!」

 

みやもん「(コイツ、さっきまでサファリパークに来てまで某モンスターを捕まえるアプリゲームに夢中だったのに、急に動物好きアピールし始めたぞ?)」

 

高根沢さん「ふむふむ、動物園によく行くんですか。でも動物園って、柵(さく)がありますよね(にっこり)」

 

ミーナ「え?」

 

みやもん「これはなんだかヤバい予感がするぞ」

 

ミーナ「その予感、どうか当たらないでほしい」

 

 

信じられない距離まで、アノ肉食動物に大接近!

 

高根沢さん「では、パーク内を移動するのでこちらのレンタカーにお乗りください」

 

ミーナ「あ、マイカーでもいいんですよね? 私たち車で来たんで、自分たちの車でいいですよ~!」

 

みやもん「ミーナ、待って!あれ見て!」

 

ミーナ「!?」

 

みやもん「これは、とりあえずレンタカーをお借りしたほうがよさそうだね……

 

ミーナ「はい、レンタカーにします!させてください!(即答)

 

こちらの那須サファリパークでお借りできるのは、こんなかわいいレンタカー。

(なぜか私がレースクイーンのようになったのは気のせい)

 

今回は高根沢さんが運転してくれることになりました。アニマル柄の車で、サファリパーク気分が高まる~! 

 

高根沢さん「あ!サファリパーク内を回る前に、こちらをどうぞ」

 

ミーナ「なにこのビスケット?食べていいの?」

 

 

高根沢さん「こちらは、草食動物用のエサですね」

 

ミーナ……ですよね! そうだと思った~!」

 

みやもん「(こいつ今マジで食おうとしてたな)」

 

 

いよいよ、この入り口からサファリパークがスタート!

 

 

ミーナ「く~!ドキドキする、楽しみだな~」

 

ここでは車は徐行運転というのがルール。ゆったりと進んでいくと……

 

ミーナ「あれは、もしかして! ライオン!?」

 

高根沢さん「ええ、しかも世界でも珍しいホワイトライオンなんですよ」

 

ミーナ「待って、待って。柵がないよ! 車の窓の外にいきなりライオンがいるよ?!」

 

高根沢さん「はい、では撮影のためにちょっと窓開けますね」

 

ミーナみやもん「死ぬよ!?」

 

ということで、特別に開けていただいた窓の外を見ると・・・!

 

今回は特別な許可のもと窓を開けていますが、通常は窓を開けるのは強く禁止されておりますのでご注意!

 

ミーナ「す、すぐそばにライオンがいるよ……もはや手が届きそうな距離……!(小声)」

 

みやもん「ライオンたちが今車に寄ってきたら、俺たちの人生は確実に終わるね(小声)」

 

高根沢さん「生まれた時はもっと白かったんですけどね、大人になっていくとだんだんとちょっと色がついていくんですよ。これでも他のライオンに比べると、まだまだかなり白いほうなんですけどね!(小声)」

 

ミーナ「なるほど。と、と、とりあえず、早く窓閉めてください……っ!(小声)」

 

窓を閉めて、やっと一息。

 

ミーナ「ふぅ~~。死ぬかと思った。しかし大迫力でした!車に乗ったまま、あんな近くまで寄れちゃうんですね!」

 

高根沢さん「それがまさに、うちの売りポイントなんです。他のサファリパークではありえないところまで近づけちゃうんですよ。でもこのあと、もっともっと大接近しますよ!」

 

ミーナ「え!これ以上!? それは危険なのでは!?」

 

車の窓を乗り越えて、アノ動物が侵入してきた!?

高根沢さん「こちらは鹿ゾーンです。草食動物なので、安心して窓を開けてください」

 

ミーナ「おお~、鹿がたくさんいますね!」

 

 

みやもん「ミーナ、うしろうしろ! すごい距離で近づいてきますね」

 

高根沢さん「みんな、エサを欲しくてやってきてるんですよ。ミーナさん、先ほど差し上げたあのエサをぜひあげてみてください」

 

ミーナ「はーい」

 

 うおおおお何この距離!

 

ミーナ「窓を乗り越えてきた!超大接近ですね!ちょっと怖いよ!」

 

みやもん「ミーナ、何やってんの!もっとほら、エサあげて!」

 

高根沢さん「大丈夫です、噛みませんよ~。ちなみに鹿は面白くて、オスにはツノがあり、メスには無いんですが、たまにメスでも「自分のことを男だ」と思っている子がいて、そういう子はツノが生えてくるんですよ」

 

ミーナみやもん「不思議~!」

 

他にもさまざまな動物が登場。シマウマも大接近!

 

ミーナ普通に窓を乗り越えてきてるのがすごい

 

みやもん「ねえ、この距離ならキスぐらいできるんじゃない?」

 

ミーナ「え、照れる~~~!」

 

とか言いながら大接近してみると……

 

 

ミーナ「あれ? うわ、やられた!」

 

みやもん「どうしたの?」

 

ミーナ「ちょっと! 私の太もも、見て!」

 

 シマウマのヨダレがこぼれてる。

 

みやもん&高根沢さん「ははははは!(大爆笑)」

 

ミーナ「うそでしょ!? 最悪!お気に入りだったのに!!」

 

高根沢さん「ミーナさん、無事に動物と仲良くなれたみたいですね!」

 

ミーナ「(もし人間に同じことをやられてたとしたら、仲良くはできないかな……)

 

ちなみにこちらのヨダレはティッシュもなかったので、蒸発するのを待ちました。( 全然匂いはしなかったよ!)

 

その後も、さまざまな動物がひっきりなしに窓に寄ってきます。

 

 さまざまな牛やニホンジカ、羊の先祖と言われているムフロン、ととにかく動物の種類が豊富。

 

ミーナ「本当にこの子たち、エサが欲しいんだな~。あまりに近づいてくるから、これがマイカーだったらちょっと不安だったかも。でもそれぐらい大接近できるのは楽しいですね」

 

みやもん「ミーナ、俺たちの後ろの車見て」

 

ミーナ「めっちゃ動物に囲まれてる! はたから見ると、私たちもあんな風になってるのか……!」

 

そして、自分たちの車の窓をよく見てみると……

 

 

ミーナ「ひええええ、ヨダレのあとがべっとり!」

 

高根沢さん「だからサファリの最後には、洗車コーナーを用意してますのでご安心を!」

 

ミーナ「なるほど~。チャイルドシートなどを設置してる人もいますし、マイカーがいい人は覚えておくと良さそうですね!」

 

ヨダレがつくほどの距離で動物と触れ合える、那須サファリパーク、すごすぎる!

 

あの大型動物にタッチ!猛獣のトラにも肉をあげられちゃう?さらに動物との距離が近まるってマジ?

 

人気の記事

他の記者を読む