このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
  • 観光入場施設

うろこの家&展望ギャラリー

兵庫県 摩耶山

大人(中学生以上) 1,050円 →  950円 など

・阪急 神戸三宮駅 徒歩20分・JR 三ノ宮駅 徒歩20分・阪神 神戸三宮駅 徒歩20分・地下鉄海岸線 三宮・花時計前駅 徒歩20分・ポートライナー 三宮駅 徒歩20分

・伊丹空港より三宮 空港バスで約40分→徒歩・関西国際空港より三宮リムジンバスで約65分→徒歩

9:30〜4月~9月 18:00 10月~3月17:00

行きたいに登録してる人

58

行った人

73

「神戸で最初に公開された異人館」と「近現代の絵画が楽しめるうろこ美術館」

外壁を覆う約3000枚の天然石のスレートが魚のうろこに似ているところから「うろこの家」の愛称で呼ばれます。館内には、西洋の質の高い名磁器をはじめ、さまざまなアンティーク家具をお楽しみ頂けます。また、隣接するうろこ美術館では西洋名画のコレクションとロシアの現代絵画、神戸出身の堀江優の作品などを展示しております。

おすすめポイント

うろこの家(旧ハリヤー邸)

1979年に神戸で最初に公開された代表的な異人館で、国の登録有形文化財や兵庫県住宅百選にも指定されている伝統的な建築物です。神戸のまちと港を望む高台にそびえる古城のような建物は、明治後期に外国人居留地で建てられ、大正に入ってから移築されたものといわれています。外観を覆う天然石のスレートが魚のうろこに形状が似ていることから、親しみを込めて「うろこの家」と呼ばれるようになりました。館内の随所に異人館ならではの意匠が凝らされており、重厚なアンティーク家具や調度品の数々、そしてイギリスの名窯「ロイヤル・ウースター」、ドイツの古窯「マイセン」、デンマーク王室御用達磁器工房「ロイヤル・コペンハーゲン」をはじめとする西洋の名磁器コレクションも見逃せません。

展望ギャラリー

展望ギャラリーは、「うろこの家」の姉妹館として1982年に開館しました。トロワイヨン(バルビゾン派)の風景画の大作や、マチス、ユトリロ、ビュッフェなど、ヨーロッパの近・現代絵画の名作を幅広く収集して常設展示しています。 また3階展望ギャラリーでは、はるか大阪港や淡路島まで広がる神戸・北野異人街随一の眺望をお楽しみいただけます。

ポルチェリーノ

「うろこの家」の庭の猪の像は、ギリシャ神話に伝わる「カリドンの猪」で、イタリア語で愛称を「ポルチェリーノ(可愛い子ブタちゃんの意味)」といいます。この像の鼻をなでると幸運に恵まれるというジンクスが古くから伝えられています。

チケットプラン

トピックス

施設情報

0782426530

〒6500002 兵庫県神戸市中央区北野町2-20-4

施設詳細情報

団体
駐車場
入場方法
受付で電子チケットを提示して頂き、画面にスタンプを消込後に紙ベースのチケットと交換致します。
再入場
不可
喫煙所
全エリア禁煙
トイレ
洋式あり

周辺のおすすめスポット