このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×

六甲オルゴールミュージアムのトピックス

企画展「からくり人形 西洋と日本 」【開催中!】

この企画展では、19世紀後半に西洋で盛んに制作された「自動人形(オートマタ)」と日本で独自に発達した「江戸からくり」を比較しながら、それぞれの歴史や仕組みを紹介しています。
1日7回行う実演では、出展品が実際に動く様子を見ることができます。
合わせて自動人形と江戸からくりに活かされた、それぞれの技術(金属の加工技術、木工技術など)の特徴や文化背景の違いなどをパネルで解説するので、面白くて分かりやすいですよ。

♪自動人形(オートマタ)って?
15世紀末頃、ぜんまいが開発されると、ヨーロッパで時計の技術が飛躍的に向上し、それと共に自動人形の技術も発達しました。
18世紀に入ると、スイスやフランスで複雑な動きをする自動人形が作られました。
18世紀末にオルゴールが発明されると、自動人形の中にオルゴールが組み込まれるようになり、19世紀後半に最盛期を迎えます。
パリには自動人形の工房が複数あり、衣装など凝った装飾の自動人形が作られていました。

♪江戸からくりって?
室町時代末期に機械時計などの技術が西洋から伝えられ、歯車などの技術で、人形を動かす装置として使用されたからくり人形が、17世紀頃から作られ始めました。これは「山車からくり」と呼ばれ、台の上の人形が様々な動きをし、祭礼や縁日などで使われていました。
これに対して18世紀末には、井原西鶴が俳句に詠んだ「茶運人形」や田中久重の「弓曳童子」に代表される「座敷からくり」が作られるようになりました。
座敷からくりは屋内で使用され、主に江戸時代の大名や豪商などの宴席で楽しまれました。

開催期間:~3月2日まで
実演時間:10:30から16:30の毎時30分から1日7回(各回約15分間)
       ※毎時00分からは、オルゴールコンサートを実施。
       ※入館料のみで参加可能。
出展品例:・エクリヴァン(自動人形)
       ・アクロバットをするピエロ(自動人形)
       ・弓曳童子(江戸からくり)
       ・茶運人形(江戸からくり)など

詳しくは、HPをご覧ください。
http://www.rokkosan.com/museum/

この施設の詳細を見る
一覧に戻る