このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
  • 博物館
  • ミュージアム・展示

帆船日本丸・横浜みなと博物館

神奈川県 みなとみらい21

一般 400円 →  350円  など

JR・市営地下鉄ブルーライン桜木町駅から徒歩5分 /みなとみらい線みなとみらい駅、馬車道駅から徒歩5分

首都高速横羽線みなとみらい出口から約0.5km

10:00〜17:00(最終入館は16:30)

月曜日(祝日の場合は翌平日)※そのほか休館日あり(公式HPにてご確認お願い致します。)

行きたいに登録してる人

40

行った人

49

帆船日本丸と横浜港を丸ごと学べる横浜みなと博物館!

帆船日本丸は1930(昭和5)年に建造された、船員(船舶職員)を養成する練習帆船です。1984(昭和59)年に引退するまでの54年間に、11,500名もの実習生を育てました。この間、地球を45.4周する距離(延べ183万km)を航海しました。帆を広げた美しい姿は、「太平洋の白鳥」と呼ばれていました。
1984(昭和59)年に横浜市に誘致され、翌年から一般公開されています。ボランティアの協力ですべての帆を広げる総帆展帆を年間約12回実施するほか、青少年向けに海洋教室を開催しています。
2017(平成29)年9月に国の重要文化財に指定されました。
横浜みなと博物館は、「歴史と暮らしのなかの横浜港」をメインテーマに、横浜港150年の歴史と横浜港の仕組と役割を伝える展示で構成されています。常設展示のほか企画展や講演会、見学会、工作教室などを行っています。

おすすめポイント

総帆展帆(そうはんてんぱん)を見よう

帆船日本丸が29枚すべての帆を広げる日です。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、実施については未定です。
詳細につきましてはホームページをご確認ください。

柳原良平アートミュジアム

2018(平成30)年3月27日に柳原良平アートミュジアムが博物館内にオープンしました。アンクルトリスの広告デザインや海・港・船などの作品で知られる柳原良平氏の常設展示室です。油彩画やイラストレーション、切り絵などの代表作を50点ほど常設展示します。期間限定の特集展示もオススメ!

休館日について

○横浜市による改修工事のため、横浜みなと博物館と柳原良平アートミュージアムは休館いたします。

期間は2021(令和3)年6月7日(月・休館日)~2022(令和4)年4月頃までを予定しています。帆船日本丸は通常通り営業しています。

○帆船日本丸の臨時休館日

2021年12月4日(土) ※帆の取り外しの予備日(11月28日が中止の場合)

2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月) ※年末年始

2022年1月28日(金)~2022年2月25日(金) ※船体整備(定期メンテナンス)

チケットプラン

トピックス

施設情報

0452210280

〒2200012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1

施設詳細情報

団体
駐車場
入場方法
横浜みなと博物館総合案内にて、スタッフに「JTBの電子チケット利用」とお伝えいただき、スマートフォンのチケット画面を提示してください。スタンプ押印時に紙のチケットをお渡しします。
再入場
不可
バリアフリー
対応
なし
施設内での対応電子マネー
なし

周辺のおすすめスポット