このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×

大分県立美術館のトピックス

【PassMe!チケット販売スタート!】出会いと五感のミュージアム

2015年4月に開館した、大分県立美術館(OPAM)。
「五感で楽しむことができる」美術館、「出会いによる新たな発見と刺激のある」美術館、「自分の家のリビングと思える」美術館、「県民とともに成長する」美術館をコンセプトに、訪れた人が楽しめる空間を目指します。

展覧会「遊ぶデザイン&暮らしのアート」開催中

2016年12月2(金)から2017年1月22日まで「オランダのモダン・デザイン リートフェルト/ブルーナ/ADO 遊びのデザイン&暮らしのアート」を開催しています。

20世紀、オランダのモダン・デザインは社会的な影響力をもって世界中の人々に受け入れられてきました。中でもオランダ、ユトレヒトが生んだモダニズムを代表する建築家ヘリット・トーマス・リーフェルトと、「ミッフィー(うさこちゃん)」の生みの親として知られるディック・ブルーナ。そしてサナトリウムに療養する患者を指導し、玩具「ADO(アド)」を生み出したコー・フェルズー。
この展覧会ではオランダの歴史や風土に育まれた偉大な三者による作品を通して、現代人の思想や生活スタイルに今なお大きな影響を与え続けるオランダ・モダン・デザインの精髄に迫ります。

近代的なミュージアム

そのほか大分県久住高原の自社農園で育った新鮮野菜や豊後牛を使ったこだわりの料理が楽しめるカフェや、可動式のミュージアムショップなど、展示以外にも見どころたくさんです。
21世紀のための、まったく新しい美術館に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳しくは、HPをご覧ください。
http://www.opam.jp/

この施設の詳細を見る
一覧に戻る