このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×

高知県立牧野植物園のトピックス

牧野植物園で、植物の不思議に出会う夏休みを

夏休みはお子さまと一緒に牧野植物園に出掛けませんか?
植物の秘密に迫る4つのイベントを開催します。

植物と虫の不思議な関係 食虫植物とアリ植物展

期間/7月22日(土)~8月31日(木)
栄養の少ない環境で生きるために、虫を挟み込んだり、穴に落としたりと、さまざまなワナを仕掛けて虫を捕える食虫植物と、熱帯雨林に数多く潜む凶暴な肉食のアリに棲み家を与え、植物を食べる虫や動物から身を守るアリ植物。それぞれの不思議な生態をご紹介します!
[サイドイベント]
食虫植物のふしぎ体験コーナー
ハエトリグサに虫などを与え、葉を閉じる瞬間を観察しよう!
日時/8月の土日15:00~ ※8月19日(土)、20日(日)は除く

オオオニバスにのろう!

期間/8月5日(土)・6日(日)
   ●午前の部 9:30~11:00 ●午後の部 13:30~15:00
対象/体重15kg以下のお子さま(葉にのるお子さまは軽装でお越しください)
世界最大級の葉にのって、夏の思い出をつくろう!オオオニバスがある水槽の下の観察スペースからは葉の裏側が見られるよ。浮力の謎に迫ろう!

夜の植物園

期間/8月18日(金)・19日(土)・20日(日)
時間/9:00~21:00(植物園は9:00から開園)
※無料ナイトバスや臨時駐車場をご利用いただけます。詳しくは牧野植物園HP(www.makino.or.jp)でご確認ください。
夜にだけ花を咲かせる植物があることをご存知ですか?「夜の植物園」では、ツキミソウやパラグアイオニバスなど、“夜咲く花”の不思議な世界をお楽しみいただけます。クイズラリーもあるので、会場内にいる植物専門員のブースをまわって“夜の植物博士”を目指しましょう!

企画展「きび」と高知のくらし -昔ながらのトウモロコシ-

期間/7月15日(土)~10月9日(月・祝)
高知で「きび」と呼ばれる、熟すと粒が硬くなるトウモロコシ。昔から高知の山間地で盛んに栽培されていました。本展では、その栽培にまつわる伝統的知識や加工方法、年中行事などを紹介し「きび」と山村の人びとがいかに深く関わってきたのかを紹介します。
[サイドイベント]
「きび」のポン菓子を見てみよう、食べてみよう!
日時/7月22日(土)、29日(土)、8月5日(土)、12日(土)
13:00~15:30(無くなり次第終了)
※荒天の場合は中止します。
ボン!という音が山にこだまするとポン菓子屋さんがめぐってきた合図。迫力の音、素朴な味をお楽しみください。

この施設の詳細を見る
一覧に戻る