このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×

資料館のレジャー

該当スポット数:42

今2人が注目

ミュージアム・展示

資料館

石州和紙会館

島根県 浜田市

9:00〜17:00

月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)年末年始

JR山陰本線「三保三隅駅」から →タクシーで5分(日本交通タクシー0855-32-1212) →徒歩で30分

山陰自動車道「石見三隅IC」から約3分

国の重要無形文化財に登録されている石州和紙の紙漉き体験をすることができる施設です。他にも、和紙商品や石州和紙の歴史を学んだりすることもできます。

今2人が注目

美術館

ミュージアム・展示

資料館

益田市立雪舟の郷記念館

島根県 益田市

9:00〜17:00(受付16:30まで)

毎週火曜日(但し火曜日が祝日の場合は開館、翌日は休館)、年末年始(12/29~1/3)、展示替え期間

JR益田駅から石見交通バス久城(くしろ)行きで10分、雪舟記念館入口下車、徒歩5分。 または、JR益田駅からタクシーで10分。

中国自動車道浜田IC(益田方面)から国道9号線を車で50分 中国自動車道戸河内IC(益田方面)から国道191号線を車で90分 山口市から国道9号線を車で100分

雪舟肖像画の最高傑作である益田家第15代益田兼尭の肖像画(重要文化財)所蔵。市内の雪舟築庭の名庭園(萬福寺・医光寺)、海洋領主益田家をご紹介します。日本遺産七尾城の御城印、住吉神社の御朱印を備えています。 ・・・すべて読む

美術館

ミュージアム・展示

資料館

石見安達美術館

島根県 浜田市

10:00〜16:00(入館は15:00まで)

毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

JR山陰線浜田、または江津駅よりバス15分  アクアス前バス停下車(アクアス斜め前)

浜田市と江津市の中間、国道9号線沿い(浜田自動車道を出て国道9号線を東へ10分)

収蔵品は、石見地方を中心とする古美術品が主体で、その主なものは石見刀、鍔、書画、陶磁器、染布地、石見長浜人形等がある。                                                                                 ・・・すべて読む

資料館

雲州そろばん伝統産業会館

島根県 奥出雲町

9時〜17時(受付は16時30分まで)

月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)

中国道「東城IC」または「庄原IC」から国道314号経由で60分 松江自動車道「三刀屋木次IC」から国道314号経由で45分 松江自動車道「高野IC」から国道432号経由で40分

そろばん生産地でも後発だが、現在までそろばん製作が続いているのが奥出雲町です。雲州そろばん製作のきっかけは、広島「芸州そろばん」の修理でした。堅木で作られた芸州そろばんを見よう見まねで作り始め、製作のための道具類も作って、丈夫で堅牢、使いやすい雲州そろばんが完成しました。
20・・・すべて読む

資料館

文化施設

観光入場施設

津和野町郷土館

島根県 津和野町

8時30分〜17時

火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月30日~1月4日)

JR津和野駅より徒歩15分

中国自動車道六日市ICより約50分

大正10年(1921)に島根県初の郷土歴史資料館として開館。現在の建物は国の登録有形文化財にも登録されています。津和野町内で出土した考古遺物をはじめ、津和野藩に関わる歴史資料や美術工芸品、乙女峠のキリシタン殉教関係資料、津和野出身の偉人に関する資料や遺品など、指定文化財を含む数千・・・すべて読む

今1人が注目

資料館

安来市立歴史資料館

島根県 安来市

9:30〜17:00

毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日

JR山陰本線安来駅~バスで30分

山陰道安来I.C.~約20分

山、川、海に恵まれた安来は、豊かな自然に恵まれた地域で、古来より人々が暮らしてきました。また中世では戦国大名が覇を唱え、一躍山陰の中心地として発展しました。近世では松平家の支藩が置かれ、松江、広瀬、母里として発展しました。資料館では安来市の歴史を古代から近世までの一連の流れとして・・・すべて読む

今1人が注目

資料館

文化施設

観光入場施設

津和野町日本遺産センター

島根県 津和野町

9:00〜17:00

月曜日(祝日の場合は翌日)

JR津和野駅より徒歩6分

津和野駅より3分。六日市インターチェンジから約50分。

幕末の津和野の名所や人々の営みを描いた「津和野百景図」。
100枚の絵のうち半分以上の風景が、街並みに、お祭りに、食文化に残っています。歴史や伝統文化を絵と見比べながら、今も味わえる津和野観光の妙味をお伝えします。

今4人が注目

資料館

文化施設

観光入場施設

森鴎外記念館

島根県 津和野町

9時〜17時(最終入館~16時45分)

月曜(祝日の場合は翌日)、12月29~31日

JR津和野駅から石見交通バス津和野温泉行きで7分、鴎外旧居前下車、徒歩3分

中国自動車道 六日市ICより約60分、小郡ICより約60分

森鴎外記念館は、独立した鴎外の専門的な記念館としては世界で初めてのものです。記念館は国指定史跡・森鴎外旧宅の南側に隣接し、鴎外旧宅を展示物の一部として取り込んでいます。建物は鉄筋コンクリート造二階建で、一階部分は受付、事務室、展示室、二階部分は収蔵庫、会議室で構成されています。 ・・・すべて読む

今3人が注目

資料館

金屋子神話民俗館

島根県 安来市

9:00〜17:00

毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、12月1日~3月31日

JR山陰本線安来駅~バスで1時間

山陰道安来I.C.~約50分

良質の砂鉄と豊かな森林資源に恵まれ、製鉄が盛んだった中国地方、その鉄産業の精神的な拠り所となったのが比田の金屋子神社でした。鉄師達は鉄を作り、たたら場に金屋子神を分祀しました。中世から江戸時代にかけて、中国地方は全国の鉄生産の八割を占めるほど多くの鉄作りが行われました。

もっと見る(次の11件~20件/全42件) 条件を変更して検索する