このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×

文化施設のレジャー

該当スポット数:39

文化施設

三浦綾子記念文学館

北海道 旭川・層雲峡・大雪山

09:00〜17:00

6月から10月は無休。11月から翌5月は毎週月曜(祝休日の場合は翌平日に振替)

作家・三浦綾子のデビュー作『氷点』の舞台、外国樹種見本林に建つ民立民営の文学館。五感展示によって、夫妻の人柄や三浦文学をより身近に感じることができます。分館では、夫妻の口述筆記部屋を移築復元し、ブックカフェ「氷点ラウンジ」を営業しております。読書や喫茶など、気ままな時間をお楽しみ・・・すべて読む

文化施設

野外博物館北海道開拓の村

北海道 札幌市北・東部郊外・新札幌

09:00〜17:00

5月~9月:無休、10月~4月:毎週月曜日(祝休日の場合は直後の平日)、12/29~1/3

明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の歴史的建造物52棟を移築復元・再現した野外博物館です。村内は市街地・漁村・農村・山村の4つのエリアに分かれ、当時の各地域での人々の暮らしを体感することができます。
 村内を国内唯一の【馬車鉄道】(冬期は馬そり)が走り、乗車しながら車・・・すべて読む

文化施設

豊平館

北海道 すすきの・中島公園

09:00〜17:00

毎月第2火曜日(祝休日の場合は直後の平日)、12/29~1/3

北海道開拓の礎を築いた開拓使が、開拓使直営の洋風ホテルとして1880(明治13)年11月に建築し、現存する木造ホテルとしては我が国最古の建物であるとともに明治、大正、昭和と3代にわたり天皇家が訪れた由緒ある建物です。建物全体はアメリカ風様式を基調としながら、正面玄関の円柱やひとき・・・すべて読む

文化施設

明治の芝居小屋 康楽館

秋田県 鹿角・花輪

09:00〜17:00

12月29日~1月3日

小坂鉱山の厚生施設として明治43年に建築された康楽館。
館内は典型的な江戸期の芝居小屋スタイルに対し外観正面と客席天井が西洋風という、全国的にも稀な和洋折衷造りの芝居小屋です。
人力で動かす回り舞台や切穴、役者の落書きが残されている楽屋など黒子の案内で見学できます。

今1人が注目

文化施設

もりおか歴史文化館

岩手県 盛岡市街

09:00〜18:00

毎月第3火曜日、年末年始(12月31日・1月1日)

●最寄り駅:JR盛岡  ●徒歩時間:20分  ●最寄インター:盛岡南  ●車乗車時間:25分  ●駐車場有無:無

・盛岡城跡公園の一角に位置しています。・1階「観光交流ゾーン」では盛岡の祭りや旬の観光情報を紹介しています。・2階「歴史文化ゾーン」では盛岡藩の歴史や南部家ゆかりの品を展示しています。・「町なか情報センター」では盛岡特産品ブランド認証商品を紹介し、旬の観光情報を提供。まち歩きのモ・・・すべて読む

今1人が注目

文化施設

宇治市営茶室 対鳳庵

京都府 宇治

10:00〜16:00

12/21~1/9

宇治茶の振興と茶道の普及を目的に建てられた本格的な茶室で、平等院の鳳凰堂に相対していることから、「対鳳庵」と名付けられました。
本場の宇治茶に季節のお菓子を添えてお点前をしています。

今1人が注目

大鍾乳洞『玉泉洞』を始め、赤瓦の古民家が軒を連ね首里の城下町を再現した『琉球王国城下町』、『熱帯果樹園』、『南都酒造所』など見所満載。アトラクションの『スーパーエイサー』、ハブ博物公園の『ハブショー』は必見です。

今1人が注目

文化施設

渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館

埼玉県 深谷

午前9時〜午後5時(最終入館:午後4時30分)

開館期間:令和3年2月16日(火曜日)~令和4年1月10日(月曜日)

渋沢栄一翁の大河ドラマ館が生誕地深谷にオープン!

今48人が注目

文化施設

エスパルスドリームプラザ

静岡県 清水

10:00〜20:00

年中無休

JR清水駅または静鉄新清水駅下車。 静鉄バス三保山の手線「東海大学三保水族館/三保灯台」行き乗車、「波止場」下車徒歩1分

東名高速道路清水ICより10分

エスパルスドリームプラザは珍しいすしのテーマパーク『清水すしミュージアム』、大人気アニメの世界を再現『ちびまる子ちゃんランド』、『観覧車ドリームスカイ』、などさまざまな楽しみ方ができる複合商業施設です。

今5人が注目

文化施設

武家屋敷跡野村家

石川県 長町武家屋敷

8:30〜17:30まで(4月から9月まで)8:30~16:30まで(10月~3月まで)

12月26日・27日、1月1日・2日

天正十一年(一五八三)前田利家が金沢城に入場した際、直臣として従った野村伝兵衛信貞家は、禄高千石、千二百石と累進し、十一代にわたって御馬廻組組頭、各奉行職を歴任。千有余坪の屋敷を拝して連綿と明治四年の廃藩までつづいた由緒深い家柄です。

もっと見る(次の11件~20件/全39件) 条件を変更して検索する