このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×

レジャースポット一覧

津軽三味線会館の周辺レジャースポット

今26人が注目

ミュージアム・展示

太宰治記念館「斜陽館」

青森県 金木

9:00〜16:00(最終入館は~15:30)

12月29日

津軽鉄道金木駅から徒歩7分

津軽道五所川原北ICより15分

太宰記念館「斜陽館」は、太宰治が中学入学まで過ごした邸宅を利用し、太宰の直筆原稿や執筆用具、翻訳本などを展示しています。重厚感のある建物は米蔵にいたるまで青森ひばが使用されおり、見ごたえがあります。

今10人が注目

モノづくり体験

縄文時遊館

青森県 青森市

9:00〜17:00

年末年始(12月31日~1月1日)

JR青森駅前から青森市営バス「運転免許センター行き」で約30分 ・JR新青森駅から車で約10分、ねぶたん号(シャトルルートバス)で約10分 ・東北自動車道「青森IC」より車で約5分 ・青森空港から車で約30分

東北自動車道「青森IC」より車で約5分/青森空港から車で約30分

縄文時遊館は、三内丸山遺跡から出土した重要文化財約500点を含む総数約1700点の遺物を展示する「さんまるミュージアム」や、体験工房、レストランが集結。衣食住を通して縄文文化を体験できる施設です。

今25人が注目

ミュージアム・展示

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

青森県 青森市街

9:00〜19:00

11~3月の月曜(祝日の場合は翌日)、例年3月第2月~金曜の5日間、12月31日、1月1日

JR青森駅から徒歩5分

青森道青森中央ICより15分

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸は、1964年8月12日就航から青函連絡船の最終航行船の大役も務めた連絡船です。現在はメモリアルシップとして係留展示されています。23年7ヶ月と歴代の青函連絡船の中で、現役期間が一番長かった貴重な八甲田丸の内部をじっくりと見学できます。

今60人が注目

ミュージアム・展示

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家ワ・ラッセ

青森県 青森市街

ねぶたホール・ねぶたミュージアム9:00〜18:00

12月31日、1月1日(年末年始)、8月9・10日(大型ねぶた入替)

JR青森駅から徒歩1分

東北道青森中央ICから約15分/青森空港から約30分

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家ワ・ラッセは、東北を代表する夏の祭典・ねぶた祭のすべてを1年を通じて体感できる施設です。祭り本番に出陣した大型ねぶたを4台常設展示しているほか、触ることができるタッチねぶたや、制作者の特徴が表れるねぶた面などを展示しています。

今2人が注目

東北自動車道 大鰐弘前ICより車で約20分 東北自動車道 黒石ICより車で約25分 JR新青森駅より車で国道7号線を弘前・秋田方面約45分

弘前ねぷたの展示や津軽三味線生演奏、津軽民芸品製作実演など、津軽を丸ごと体験できる施設です。

今2人が注目

JR弘前駅より車で20分。東北自動車道大鰐弘前または黒石ICより車で10分。

当館を取り囲むりんご園は、お客様の撮影スポットとしても大人気、収穫が近くなると敷地内の姫リンゴも見事に色づきます。
一部の客室からも見る事ができる当館自慢のロケーションをお楽しみ頂けます。

今60人が注目

青い森鉄道浅虫温泉駅から徒歩10分

青森道青森東ICより15分

青森県営浅虫水族館は、県内の豊富な水産資源や、世界の珍しい水生動物など約300種、1万点を飼育展示する水族館です。「むつ湾の海」を再現したトンネル水槽や、大人気のイルカパフォーマンスなど見どころ満載。生きもの達のお食事タイムも人気です。

今16人が注目

温浴施設

「道の駅」いかりがせき

青森県 平川市

温泉9:00〜20:00

年末年始

JR碇ヶ関駅から徒歩3分

東北道碇ヶ関ICより3分

「道の駅」いかりがせきは、特産品の販売や日帰り温泉、レストランなどが集結する道の駅です。どの浴槽にも青森ヒバを贅沢に使用した木の温もりいっぱいの温泉で、のんびり日帰り入浴が楽しめます。碇ヶ関温泉の紹介や泉質・効能などを展示する資料館も併設、また関所資料館や温水プールもあります。

今1人が注目

ミュージアム・展示

観光入場施設

小坂鉱山事務所

秋田県 小坂町

9:00〜17:00

12月29日~1月3日

JR十和田南駅から秋北バス小坂行きで20分、小坂鉱山事務所前下車、徒歩すぐ。

東北道小坂ICより3分

小坂鉱山事務所は、明治38(1905)年に建設、かつて鉱産額で全国一位にまでのぼりつめた小坂鉱山の全盛時代の生きた文化遺産です。 玄関ホールのらせん階段をはじめ、バルコニーの繊細さ、ドーマーウインドーの格調の高さなど、建築的にも高く評価されています。

今3人が注目

観光入場施設

明治の芝居小屋 康楽館

秋田県 小坂町

9:00〜17:00

12月29日~1月3日

JR十和田南駅から秋北バス小坂行きで20分。康楽館前下車、徒歩すぐ

東北道小坂ICより3分

小坂鉱山の厚生施設として明治43年に建築された康楽館。
館内は典型的な江戸期の芝居小屋スタイルに対し外観正面と客席天井が西洋風という、全国的にも稀な和洋折衷造りの芝居小屋です。
人力で動かす回り舞台や切穴、役者の落書きが残されている楽屋など黒子の案内で見学できます。

もっと見る(次の11件~20件/全1080件) 条件を変更して検索する