このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
おでかけNote お出かけ便利帳

2018年06月14日(木)更新

プールに行く前にチェックしよう!マスト&持っていくと便利なグッズ30選|PassMe!お出かけNote

水間 敬子

国内、外資金融、事業会社とFintechベンチャー企業でWebマーケティングを経験、育児と仕事の両立を求めワーク・ライフバランスコンサルタント兼フリーランスライターへ。趣味は育児、旅行、Twitter、Instagram。

●目次
1.  はじめに
2. プールに持っていきたいグッズ30選 
 2-1. マスト編
  1. 水着
  2. 着替え
  3. レジャーシート
  4. 日焼け止め
  5. 帽子
  6. サングラス
  7. ビーチサンダル
  8. ビニール袋
  9. カメラ/スマホ
  10. バスタオル
  11. 虫除け
  12. スイムキャップ
  13. ゴーグル
  14. 浮き輪
  15. 飲み物/おやつなど

2-2. これがあると便利!編
  16. クーラーボックス
  17. 折りたたみ式テーブル
  18. 日よけテント
  19. ラッシュガード
  20. うちわ
  21. ウェットティッシュ
  22. 電動エアーポンプ
  23. 防水コインケース
  24. 防水スマホケース

 2-3. 上級者編 
  25. 変わりだねフロート
  26. 強力日焼け止め
  27. 高機能水鉄砲
  28. 高吸収タオル
  29. ライフログカメラ
  30. 裸足サンダル

3.  まとめ

 イラスト/ワダシノブ

1. はじめに

そろそろ夏本番ですね!「今年の夏はプールにお出かけするぞ〜!」と意気込むそこのアナタ、「プールに行くならこれは必須」という持ち物の他にも、「これがあればもっとラクだったなー」「あんなもの持っていけるんだ!」とあとで残念な気持ちになったことはありませんか?

そこで今回は、プールに行く時にマストなものと、あったら便利なもの、これを持っていけば上級者!というグッズを30個厳選してご紹介します。子連れでも大人でも使えるものをまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

2. プールに持っていきたいグッズ30選 

2-1. マスト編

1. 水着

これがないと始まらない!当然ですがプールに水着は必須です。更衣室で着替える時間がもったいない人は家から着ていくといいでしょう。特に子供連れで行く場合は準備に時間がかかりますので、少しでも現地での手間を減らした方が楽ちんですよね。

※オムツの外れていない小さいお子さんがいる場合は要注意。水遊び用オムツが使用可のプールとそうでないプールがありますので事前に施設のサイトをチェックしましょう。

2. 着替え

こちらも当然といえば当然ですが、家から水着を着ていった場合、意外と忘れやすいのが帰りの着替え。「シャツとズボンは来る時のを履けばいいけどパンツを忘れた…!」という究極のピンチに陥らないためにも、下着、靴下等の確認はしっかりと。出かける前に人数分の最終チェックを忘れないようにしましょう。

3. レジャーシート

 


暑さと人でごった返したプールでただでさえ消耗する中、売店の行列に並んだりレストランの席取り合戦に挑むのは辛いですよね。そんな時、レジャーシートが1枚あればどこでも休憩場所が作れます。売店で買った軽食を広げて食べるもよし、持参したお弁当を広げるもよし。パパと子供がウォータースライダーで遊ぶ間、ママがゆっくり一休みするのにも最適です。

4. 日焼け止め


屋外プールでは日焼け止めは必需品。降り注ぐ日差しに対抗するならSPF+50以上が妥当でしょう。朝出かける前に全身くまなく塗り、汗やプールで流れるたびに塗り直すのがポイントです。帰宅してクタクタになっても簡単に洗い流せるよう、石鹸で落とせるタイプがおすすめです。 

5, 帽子


海やプールと言えば麦わら帽子が似合いますよね。子供だけでなく大人も持っていかないと、燦々と降り注ぐ太陽に耐えきれずハンドタオルを折りたたんで頭の上に乗せるはめになり、ちょっと残念な姿になってしまいます。。

6. サングラス

体だけでなく目の日焼けも侮るなかれ!絶対に焼きたくない女性は忘れず持参しましょう。また、日焼け対策だけでなく、サングラスがあるだけで体感温度も下がるとか。曇りや雨の日であっても暑い日には使用をおすすめします!

7. ビーチサンダル

 

[ハワイアナス] havaianas ビーチサンダル

 真夏のプールサイドは地面も高温。「プールだし裸足で大丈夫でしょ」と軽く考えてると足が火傷、なんて痛い目に遭ってしまうかも。他のお客さんに踏まれても危ないので、必ずサンダルで行きましょう。 現地で買うと意外と高いです・・

8. ビニール袋

途中で食べたもののゴミ袋用、濡れた水着を持って帰る用などなど、何かと入り用なのがビニール袋(レジ袋)。用途は幅広いので、特に小さいお子さんがいるご家庭では3~4枚は持っておくと◎。

9. カメラ/スマホ

ひと夏の大切な思い出にカメラは必需品。スマホのカメラでも十分、という人もいるかもしれませんが、この時期しかない子供の可愛い表情を残したい!というご両親は一眼レフやコンデジの準備をお忘れなく。

10. バスタオル/タオル

プールに着いた後/帰宅時の着替えはもちろん、途中で日差しを防ぐため首に巻いたり、ちょっと肌寒い時体にかけたり、何かと重宝します。プールでバスタオルを忘れる人は少ないかもしれませんが、念のためチェックです。

 

11. 虫除け

真夏の 屋外プールなら虫よけは必須!普段より肌の露出が多い分、入念にスプレーしていくと安心です。小さいお子さんがいる場合はディート不使用のものを使うなどご注意下さい。

12. スイムキャップ

Peacoco ライクラ スイム 水泳キャップ PU スイミングキャップ

特に小さい子どもの場合、プールによってはスイムキャップ着用が義務付けられていることがあります。事前にしっかり確認し、現地で調達ということがないようにしましょう。

  

13. ゴーグル 

夏になるといまや100円均一ショップでも売っているゴーグル。水の中で目が痛い〜というお子さんのためにも、本格的に泳ぎたいという大人のためにも、自分のサイズにあったものを持参すると良いでしょう。現地でも大体売店などで購入できますが割高です。 

14. 浮き輪

 アメリカ からやってきた 大きな 浮き輪

なくても十分楽しめますが、あった方がテンションが上がるもの、それが浮き輪。流れるプールで浮き輪にプカプカ浮きながら流されるとまるで別世界に来たような無の気分になれるかも!?

例えばこんな可愛いドーナツ型フロートはいかがでしょう。少しかじった跡がポイントです。ビーチサイドでお昼寝もできるかも?なフロートです。 

 

15. 飲み物

炎天下の屋外プールでは熱中症の危険もあるため、適度な水分補給が欠かせません。スポーツ飲料を凍らせたペットボトルは保冷剤代わりにもなり便利です。ただプールによっては飲み物持ち込み禁止の施設もあるのでご注意を。 

 


2−2. これがあると便利!編

16. クーラーボックス

ロゴス ハイパー氷点下クーラー XL

プールに持参した飲み物やお弁当の冷却に、クーラーボックスがあるととても便利。長時間しっかり冷える保冷力を備えたこちらなら、家から持参したジュースをお昼に冷たく飲むことが出来ます。ただし施設によっては持ち込み不可の場合があるのでしっかり確認しましょう。

17. 折りたたみ式テーブル

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション マスコットテーブル(幅56奥行34) YMT-3456

プールでお昼を食べる時にレストランが行列、、なんてことはザラです。そんな時に折りたたみ式テーブルがあればシートを広げた上でワイワイご飯が食べられます!軽量で持ち運びも楽々、耐滴(耐水)のハイコート仕様なのでサッとひと拭きで綺麗になります。プールによって持ち込みルールが違うので事前に確認しましょう。 

18. 日よけテント

 

 サンシェードテント 2-3人用 ポップアップ ワンタッチテント フルクローズ UVカット

ワンタッチオープンで組み立て要らずなテント。パッと開くだけの簡単設計なので女性グループでもワンタッチで設置できます。使わない時は折りたたんでコンパクトに収納可能。キャリーバッグ付きなので、持ち運びも楽ちんです。

遮熱性・UPF50+という高いUV遮蔽率を兼ねて備えた高品質のポリエステル生地を採用、強い日差しの下でも紫外線から守れます。荷物置き場にも使えて便利ですよ。

 

19. ラッシュガード

Dalfwin(ダールフィン)虫除け・UVカット・クール素材 3つの効果 UPF50+ 男女兼用 ラッシュガード パーカー

虫除け・UVカット・クール素材と3つの効果があるパーカー。着ているだけでひんやり冷感素材、クール加工のいいとこどり。紫外線を98%以上カットしてくれるので太陽の降り注ぐプールサイドでも安心です。指穴付きのおしゃれなデザインで、男女ともに使えます。軽量で通気性も良いので普段使いにも活躍しそう。

20. うちわ

天気が良くて風のある日なら良いですが、風のない日にはうちわがあるととても便利。じっとしてても汗が滴り落ちてくるような猛暑では、手でパタパタあおぐよりうちわで扇ぐ方が数倍涼しく過ごせます。蒸し暑い屋外プールに1枚あると重宝しますよ。 

21. ウェットティッシュ

清潔なままサッと取り出せて使ったらすぐゴミ箱へポイと捨てられる出来るウェットティッシュはとても便利!除菌ウェットティッシュの他にも、小さい子供がいるならおしりふきを代用するのも一つの手です。 

 

22

. 電動エアーポンプ

電動エアーポンプ コンセント ノズル 空気入れ&抜き両対応 

大きな浮き輪をふくらませるのに、あると便利なのが電動ポンプ。プールに設置してあるポンプは長蛇の列で結局自分で膨らませてプールに入る前から息も絶え絶え、、なんてことにならないように、一家に一台あると助かります。

家庭でも使え、外出でも使える設計なのでどんな場所でも役に立つ。水遊びグッズであるプール、浮き輪、エアーベッド など多様に対応しています。

23. 防水コインケース

GULL ガル・マリンカプセル

プールで遊ぶ際のちょっとした買い物に必要な小銭入れとして最適。小さく折りたためばお札も入ります。お金を取りにロッカーにいちいち戻るのは時間の無駄なので、貴重な時間を大切にして楽しみましょう 

24. 防水スマホケース

防水ケースセット【フローティングリストバンド、金属救援ホイッスル付属】

プールに大切なスマホを水没させて真っ青、、なんて悲惨な事故が起こる前に、こちらを用意するとベター。小銭も入るのでちょっと自動販売機に、なんて時も便利です。近年電子マネーが使える施設も増えているのでSuicaやPASMOを入れてもよいでしょう。


2-3. 上級者編

25. 変わりだねフロート

でかく赤い鳥フロート フラミンゴ 浮き輪 プール フロート 海 浮き輪 

インスタ映えする写真が撮れる?周囲の注目を浴びるフラミンゴ型のフロート。ショッキングピンクのフラミンゴの顔が可愛いフロートは周りと差をつけたい人にぴったりです。子供はもちろん、大人もぷかぷか浮かんで楽しめるでしょう。 

26. 強力日焼け止め

 WHITEPRO 水や汗に強い日焼け止めの決定版!ホワイトバーム(白色クリーム)3個セット

アウトドアメーカーが開発した、水や汗に強い日焼け止めクリーム。登山、スキー、ゴルフ、テニス、マリンレジャーなど直射日光・紫外線の強い場所での日焼け、雪焼けから唇や肌を護り、 ソフトでなめらかなしっとり感を与え、潤いを保ちます。ヒマラヤでも使用されている本格派の日焼け止めなので「市販の日焼け止めじゃ不安」「絶対に焼きたくない!」という方におすすめです。

27. 最強超強力飛距離 水鉄砲

SIMREX 528 水鉄砲 超強力飛距離 高性能 ウォーターガン

子供や大人のため作られた高品質のおもちゃで屋外で遊ぶのに最適。小さな子どもにも安全な素材を使用しており、耐久性も抜群です。最大飛距離は約33インチ。これを持ってプールに行けば子供は大喜び!小学生くらいのお子さんへのプレゼントにも最適です。パパが使えばたちまちヒーローになれちゃうかも!?

28. 高吸収タオル

パラディニア(Paladineer)速乾タオル

びっくりするほどの速乾性、軽量で、吸水スピードと吸水量が綿製品の数倍という高吸収性タオル。こすらず当てるだけで、あっという間に水分や汗を吸収できます。厚みは通常のタオルより半分ぐらい薄く、スペースを取らずに収納しやすいという利点も。専用ケースも付きで携帯にも便利です。

29. ライフログカメラ

MOFILY モフィリー YoCam ヨーカム 本体 black ウェアラブルカメラ

ウォータースポーツ撮影に!水深6メートルまで対応するライフログカメラ「YoCam」。ビデオモードではスローモーションやタイムラプス撮影にも対応。また撮影開始ボタンを2秒押すと写真モードになり、一定の時間ごとに自動撮影することもできます。水遊びに夢中になっている子どもの様子をさりげなく撮影しちゃいましょう。撮ったものは専用アプリですぐに確認でき、素早くSNSなどにアップして楽しむのも良さそうです。

30. 裸足サンダル

 

Smato 裸足 サンダル

普通じゃつまらない人にオススメなのはイタリア発「足の裏にくっつける」ユニークなフットウェア「Nakefit」。足の裏にくっつける粘着パッドでピッタリ足にくっつくので、素足感覚でつけられます。ウォータープルーフで水に強く、切断耐性があって丈夫な上、スリップ防止仕様なのでプールサイドでも十分使えます。

 

3. まとめ

これがあると便利だな、というグッズを中心に30個ご紹介しましたが、いかがでしたでしょう?この夏、プールに行く前にぜひチェックしてみて下さいね。皆さん楽しい夏を過ごせますように!

 

★便利な電子チケットサービス「PassMe!」でプールが楽しめるお得なスポットはこちらからチェック! 

人気の記事