このサービスはスマートフォンから利用できるサービスですので、もしよければ、お使いのスマートフォンからアクセスください。 楽しいイベントをぜひ体感してください!

推奨環境:iOS 6.0以上、Android 4.0.3以上

×
おでかけNote お出かけ便利帳

2018年05月24日(木)更新

おすすめの座席は? いつから予約が必要? 疑問を解決して赤ちゃんと飛行機デビュー! ~国内線編~|PassMe!お出かけNote

山口 舞

2016年生まれの男児を育てるアラフォーワーキングマザーです。東東京に在住。そろそろ週末に親子でお出かけするべく情報収集中です。

●目次
1.はじめに

2.育児情報誌「miku(ミク)」編集長 高祖 常子さんインタビュー
2-1.準備編
2-2.コミュニケーション編
3.国内線・航空会社別 赤ちゃん向けサービス一覧
(1)日本航空(JAL)
(2)全日空(ANA)
(3)AIR DO(ADO)
(4)ソラシド エア(SNA)
(5)スターフライヤー(SFJ)
(6)ジェットスター(JJP)
(7)スカイマーク(SKY)
(8)SPRING JAPAN/春秋航空日本(SJO)
4.乳幼児帯同では座れない非常口座席、乳幼児と過ごしやすい後方座席
5.飛行機内でのあやしテクニック
6.キッズスペースのある主な空港

 

1. はじめに

 

イラスト/ワダシノブ

1. はじめに

初めて0~2歳の赤ちゃんと飛行機でお出かけすることになったとき、どんなことを準備したらいいのでしょうか?

飛行機で快適に過ごすために心がけたほうがよいことを、全国13万部発行の育児情報誌「miku(ミク)」 編集長、高祖 常子さんにお伺いしました。ご自身も3児のお母様で、著書や講演経験が豊富な育児のスペシャリストです。

 後半では、航空会社(国内線)や空港で受けられる赤ちゃん向けのサポートについてご紹介します!

 

2. 育児情報誌「miku(ミク)」編集長 高祖 常子さんインタビュー

2-1.準備編

高祖さんまずはママが疲れないように。ママがストレスを感じないように準備をしましょう。

●時間に余裕を持って

「空港へ行ってすぐに搭乗」では、親も子どもも疲れてしまうので、いったん空港で態勢を整えるつもりで早めに自宅を出発しましょう。キッズスペースがある空港もありますし、キッズスペースがなくても空港は広いのでヨチヨチ歩きなら手をつないでお散歩もできます。子どもを遊ばせるくらいの余裕を持っていけるといいですね。

●基本は乗る前にオムツ替え

飛行機の中でもオムツ替えは可能ですが、慣れないととても狭くて大変。急なウンチなどは仕方ありませんが、国内線ならどんなに遠くても3時間ぐらいなので、事前に替えておいて機内でオムツ替えしないですむなら、そのほうがいいですよね。 

●座席はどの辺がいいの?

ちょっとぐずったときなど、ベルト着用サインが消えてから立ち上がって抱っこしたりあやしたりしやすいように窓側より通路側のほうがおすすめです。

●赤ちゃんが泣くときは

赤ちゃんは耳抜きができないので、気圧で耳が痛くなって泣いたりすることもあります。赤ちゃんの様子を見て離着陸の前後での授乳も意識しましょう。ミルクを卒業した子どもも、耳が痛くてぐずることがあるので、飲み物を用意したり、(年齢によっては)アメをなめさせるのもおすすめです。 

●ちょっとした準備を

・暑かったり寒かったり、いつもと違った場所へ行ったりすることで、赤ちゃんがぐずったり泣いたりすることは仕方がないこと。それを前提として赤ちゃんの気分を変えられるように対処しましょう。

・音が出なくて小さめのお気に入りのおもちゃや絵本は持っていきましょう。

・アンパンマンが好きならお気に入りの1冊と、(図書館から借りるなどして)目新しい1冊を用意するなど。例えば、好きなキャラクターの指人形付き絵本も楽しいですね。絵本も、お気に入りのキャラクター本の他に、いつもとは違う乗り物の本などを用意すると食いつくかもしれないですね。

・「泣いたらおやつ」はあまりおすすめしませんが、飛行機内は逃げ場がないので、気分転換におやつをあげるのも一案。食べなれているおやつを用意しておきましょう。そういう、ちょっとした準備があると、ママも安心ですね。

●赤ちゃんの荷物はすぐに取り出せる場所に

飲み物は手持ちにすると思いますが、機内で使う赤ちゃんのおもちゃやおやつなどは、上の棚に収納するような大きな荷物とは分け、サッと出せる手荷物にして膝上や椅子の下に収納しましょう。

 

2-2.コミュニケーション編

赤ちゃんに泣かれると、親はとっても焦りますよね。離着陸のときなんかはどうしても立って子どもをあやすことができないので、泣いたときは仕方ありません。なので、周囲の座席の人に「赤ちゃん連れなので泣くかもしれないのでお願いします」と一声かける。あるいは、泣いて騒がしくなったら、「泣いちゃってすいませんでした」とか、周りの人が何か配慮くださったら「ありがとうございました」と降りるときに声をかけましょう。やっぱりそれはコミュニケーションですね。言葉はプライスレス。それによってお互い気分よく過ごせればそっちのほうがいいのではないでしょうか。伝えることで、ママやパパの気持ちも少し軽くなると思います。

 

「困ったとき」のために打てる先手を打つことはもちろん大切だけれど、それ以上に「親子が快適に楽しく機内で過ごすための持ち玉を増やす」というポジティブなメッセージが印象的で、非常に励まされるお話でした!

 

参考記事)

・『電車で子どもがぐずったら?新米パパママ必見の心構えと対策

・『お出かけ前に準備しよう!車酔いを予防するためにやるべきこと

 

3. 国内線・航空会社別 赤ちゃん向けサービス一覧

さて、空港・飛行機で受けられる赤ちゃんのサポートサービスにはどういったものがあるのでしょうか。各航空会社別に調べました。(情報は2018年5月現在のものです。)各社で共通していた点としては、以下の3点が挙げられます。

・ベビーカーは、基本的に搭乗手続きカウンターで受付して貨物室での預かり

・食事(離乳食)の提供は、国内線については用意なし(大人と同様)

・チャイルドシートを持ち込める航空会社については、手荷物とは別に機内へ持ち込み可

 

(1)日本航空(JAL)

国内外に幅広い路線網を持つ日本最大規模の航空会社。航空券の料金に1,000円追加で利用できる「クラスJ」が快適です。

 

Japan Airlinesさん(@japanairlines_jal)がシェアした投稿 -

 

・ベビーカー貸出:有

優先搭乗:有

ミルク用お湯:有

オムツ替えテーブル:有(オムツ有)

おもちゃ、絵本など:有

抱っこ紐利用:可

ベビーベッド貸出:無

チャイルドシート貸出:有(要予約)

チャイルドシート持込:条件を満たせば利用可

その他:

① 3歳未満の子ども同伴の場合は、クラスJの後方座席が優先座席としてお勧め

② 赤ちゃん専用毛布の貸出有

③ Wi-Fii対象便はキッズ番組有

④ あやしテク満載の『ベビーと楽しむ空たびBOOK』(※後述)は要チェック

 

(2)全日空(ANA)

日本航空と並ぶ、日本最大規模の航空会社。普通席でもスナックやアルコールの購入が可能です。

 

ANAさん(@ana.japan)がシェアした投稿 -

 

ベビーカー貸出:有

優先搭乗:有

ミルク用お湯:有

オムツ替えテーブル:有(オムツ有)

おもちゃ、絵本など:有

抱っこ紐利用:シート着用ランプ点灯時は不可

ベビーベッド貸出:有(要予約)

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:条件を満たせば利用可

その他:

① 電動カート有(羽田第2のみ)

② ベビーカー優先返却有

③ 『知っていると安心!―国内線― ベビー&キッズの飛行機旅10のポイント』も要チェック

④ 搭乗前に路線の空から見える景色を見ることが出来て楽しい

※ご利用のブラウザにより開けない場合があります。

 

(3)AIR DO(ADO)

1998年より”北海道の翼”として就航しているAIR DO。道内6都市と仙台、東京、名古屋、神戸を結ぶ航空会社です(2018年5月現在)。

・ベビーカー貸出:有

優先搭乗:有

ミルク用お湯:有

オムツ替えテーブル:有

おもちゃ、絵本など:無

抱っこ紐利用:可

ベビーベッド貸出:無

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:条件を満たせば利用可

その他:ベビーカー優先返却有

 

(4)ソラシド エア(SNA)

ピスタチオグリーンの機体カラーが特徴的なソラシド エア。2002年、スカイネットアジア航空としての羽田 - 宮崎線就航を皮切りに、九州5県・沖縄と東京・神戸・名古屋を結んでいます(2018年5月現在)。

ベビーカー貸出:有

優先搭乗:有

ミルク用お湯:有

オムツ替えテーブル:有(便によってはマット)

おもちゃ、絵本など:便により有

抱っこ紐利用:可

ベビーベッド貸出:無

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:条件を満たせば利用可

 

(5)スターフライヤー(SFJ)

機体もコーポレートカラーもスタイリッシュな黒。北九州市にあるスターフライヤーは、東京 - 北九州、福岡、大阪、山口宇部、名古屋 - 福岡、北九州 - 那覇の6路線です。

 

スターフライヤーさん(@starflyerjapan)がシェアした投稿 -

 

ベビーカー貸出:有

優先搭乗:有

ミルク用お湯:有

オムツ替えテーブル:有

おもちゃ、絵本など:有

抱っこ紐利用:不可

ベビーベッド貸出:有(身長70cm体重11kgまで可、要予約、1列目の左右窓側の座席のみ)

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:条件を満たせば利用可

 

(6).ジェットスター(JJP)

国内17路線を運航、国内最大級のネットワークを誇るLCC。2018年9月6日には、国内18路線目となる東京(成田) - 長崎線を運航開始予定です。

 

ジェットスター(JP)さん(@jetstar_japan)がシェアした投稿 -

 

ベビーカー貸出:無

優先搭乗:無

ミルク用お湯:無(持ち込みは可)

オムツ替えテーブル:有

おもちゃ、絵本など:無

抱っこ紐利用:不可

ベビーベッド貸出:無

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:不可

 

(7)スカイマーク(SKY)

全国8都市を結ぶスカイマーク(2018年5月現在)。1998年の初就航以来、職員の制服廃止、機内サービスの簡素化など、他社LCCと比較して分かりやすくシンプルな低運賃が特徴です。

ベビーカー貸出:有

優先搭乗:有

ミルク用お湯:有

オムツ替えテーブル:有

おもちゃ、絵本など:便により絵本と塗り絵セットの貸出あり

抱っこ紐利用:可

ベビーベッド貸出:無

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:不可

その他:最後列のシートに授乳カーテン席有

 

(8)SPRING JAPAN(SJO)

国内線は東京(成田) - 広島、東京(成田) - 佐賀の2路線。また、日本国内から中国へ行く路線が多くあります。

ベビーカー貸出:無

優先搭乗:無

ミルク用お湯:無

オムツ替えテーブル:無

おもちゃ、絵本など:無

抱っこ紐利用:可

ベビーベッド貸出:無

チャイルドシート貸出:無

チャイルドシート持込:不可

 

4. 乳幼児帯同では座れない非常口座席、乳幼児と過ごしやすい後方座席

航空機には、非常口に隣接した「非常口座席」という席があります。前の人のリクライニングが邪魔にならず、足元のスペースも広いという非常に快適な席ですが、利用には国土交通省の通達に基づいた一定の条件があり、乳幼児帯同では利用することができません。

例えば、ANAの「非常口座席に関するよくあるご質問」ページには以下のような記述があります。

『緊急時に客室乗務員の指示に従い、手動で非常口ドアを開放する等、援助していただくには一定の体力、実行能力等が必要となります』

ANAウェブサイトより)

一方、乳幼児と過ごしやすい座席もあります。まずは高祖さんのお話で伺ったように「通路側」。立って子どもをあやすのにもトイレへ行くのにも便利です。

また、JALでは後方座席の「クラスJ」の利用を推奨しています。そこで筆者が思い出すのは、葬儀のため急遽乳児と搭乗した経験です。当時子どもは0歳7カ月。あまりに急だったので事前に座席を吟味することができず、パッと目に止まった前方の空席を押さえて搭乗。貰ったビニール飛行機で子どもをあやし始めるも徐々に雲行きがあやしくなり、当然の結果として盛大にぐずり始める子ども……。その後、CAさんの案内で「後方」かつ「両どなりが空席」という過ごしやすい座席へ移動させて貰い、無事に目的地へ到着することができました。

参考)

・『公共交通機関を使った小さな子供連れのお出かけ。狙うのはこの席だ!』 

5.  飛行機内でのあやしテクニック

JALのウェブサイトにある『ベビーと楽しむ空たびBOOK』は、機内で快適に子どもと過ごす方法がコンパクトにまとまっているので、利用する航空会社にかかわらずダウンロード・印刷して持参するのがお勧めです!

中でも「機内でのベビー気分アップ」のページは秀逸で、

・ペットボトルを持たせる

・鏡に赤ちゃんの姿を映して見せる

・絵本のページをめくらせる

・鍵や携帯電話などを特別に触ってもいいよ!

・グズグズ赤ちゃんもにっこり!風編

といった、数々のあやしテクニックが記載されています。 

 

6. キッズスペースのある主な空港 (情報は2018年3月現在のものです。)

最後に、高祖さんがインタビューの冒頭で触れられた「キッズスペース」を備えている主な国内線の空港をご紹介します。

空港名 URL
新千歳空港 http://www.new-chitose-airport.jp/ja/doraemon/zone/kids/
函館空港 https://airport.ne.jp/facility/kids/
仙台空港 https://www.sendai-airport.co.jp/guide/airport-tobucha/ ※エアポートミュージアム「とぶっちゃ」の紹介
東京国際空港 https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/service_facilities/person_with_child/game_corner.html
新潟空港 http://www.n-airport.co.jp/facility_service/
富山空港  https://www.toyama-airport.co.jp/kids ※キッズ・ファミリー向け空港の見どころ施設紹介
中部国際空港 http://www.centrair.jp/service/1188502_1621.html
関西国際空港  https://www.kansai-airport.or.jp/service/child/01.html
大阪国際空港  https://www.osaka-airport.co.jp/service/child/04.html
広島空港  http://www.hij.airport.jp/service/jyunyuu.html
福岡空港  http://www.fuk-ab.co.jp/ ※国内線旅客ターミナルビルの案内図を参照
北九州空港 http://www.kitakyu-air.jp/airport_guide/kids.html
長崎空港  http://nagasaki-airport.jp/facility/child.php
熊本空港  http://www.kmj-ab.co.jp/facilities4.html
大分空港  https://www.oita-airport.jp/guide/
鹿児島空港  http://www.koj-ab.co.jp/facilities/children/